読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ

ブログを書くのは3年ぶりくらいになるだろうか。前は失恋の苦しみを少しでも和らげるために、アメーバにスペースを借りて、ひたすら心の毒を吐きだしていた。何人かの懇意な友人に記事を読んでもらうことは、当時の僕にとって紛れもなく生きる上での糧のようなものだった。

 

それから3年――。深い付き合いのある友人はずいぶん減ってしまったような気がする。まあ30代も中盤に入ってきたことと、自分を含めて周りもほとんどが家庭を持つ身になってしまったことを考えれば、これは仕方のないことかもしれない。一方で、仕事面では、属する会社も変わって管理職になり、一応ピープル・マネージャとしてのキャリアを積むようになった。第二子の誕生ももうすぐだ。そう考えると、年齢からすれば極めて妥当というか、まあそこそこ幸せな人生なのかもしれない。あくまで相対的な話ではあるのだけれど。

 

ただ、年齢的なものだろうとは思うのだけれど、人生自体に否定しがたい閉塞感が出てきているのは事実だ。フルタイムで仕事の仕事と妻子、それに住宅ローンを加えてしまうと、当然ながら人生の弾力性というのはほぼ失われてしまう。もちろん、そういった日々の中から学び取るものは非常に意義深いものだが、自由というリソースは今の僕にはほぼ失われている。お金は比較的自由に使えるほうだと思うけれど、時間・場所が絶望的に制限されているのだ。

 

今回ブログをまた書こうと思ったのは、そんな閉塞感を少しでも払拭したいという思いの表れなのかもしれない。もちろんひとつ大きな試験(GMAT)が終わったというのもあるのだけれど。そんなわけでこれから極めて個人的な記事をちょこちょこを書いていくつもり。ちなみに現実世界の友人にこのスペースのことを教えるつもりは今のところない。