読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週末

はてなからのトピック例として「好きなギタリスト」について書けとある。ははは。そんなもの書き出したら原稿用紙50枚くらいはすぐに埋まってしまうだろうから、このスペースに書くのはとてもじゃないけれど無謀である。まあたぶん僕が書きそうなのは、クラプトンが"Layla"を書いたのはこういうシチュエーションで云々→実はかくいう僕も似たようなことになったことがある…とかいう与太話だから、当然そこには猫の額ほどの生産性もないのである。

閑話休題

夏の短い間に悪化した精神状態はそれなりのところまで回復してきた。第二子が家に来たことによって子育て関連の業務が増えたこと、何人かの友達と個人的な連絡がとれたことが大きいかもしれない。久しぶりに昔からの女の子の友達とも会えることになった(例によって子持ちだけれど)。友達の大切さが身に染みる。

しかし、である。やはり痛みは消えないのだ。昨日渋谷に行って9年前にデートで待ち合わせした場所を通ったら、フラッシュバックでバクバクしてしまった。9年だぜ、9年。自分のことながらもう本当にアホかと思う。アホなのである。

まあそんな中でも日常を続けられるのは僕の強みなのかなあという気がする。キングカズがいうように、いい時も悪い時も、地道に練習を続けるのが大切なのである。というわけで、今日も勉強・筋トレ・子育て。そうやって書くと妙に健全に見えてしまうら不思議だ。

次回あたり、「インターネットは人々を幸福にしたか?」なんていうTOEFLかIELTS、高校入試の小論文あたりで出そうなテーマで記事を書きたいなあと思う。なんだか『学問芸術論』みたいで悪くないじゃないか。幸せにしたかって?したわけがないじゃないか。

ところで僕はこのブログを誰のために書いているんでしょうかね?ははは。